相談の可否

例えば、何かのイベントで配布するノベルティを作るとして、配布する人に喜ばれて、企業や自社商品の宣伝効果が生まれるようにするためにはどうしたらいいでしょう。品物選びで困ってしまうことが、ノベルティを配布した経験がない場合にあります。

そのため、ノベルティ制作業者を決めるときには、こちらの相談にしっかり乗ってくれるところがよいでしょう。実績がある制作業者でしたら、性別や年齢層などターゲット別に効果的なノベルティの選別や、こういうイベントではこういうノベルティが喜ばれるなど、経験を通じて把握していることがあります。無駄なコストを発生させないためにも、的確な助言をしてくれる制作業者と取引をするようにしましょう。

幸いなことに、ノベルティ制作業者の中には、メールや電話、ファックスなどで相談に応じてくれるところは多くあります。制作業者の数だけ提案に違いがあるため、複数の業者に相談してみて、ピンと来たところを候補にしてみましょう。さらに、ホームページを見ると、今までの実績を確認できるところもあります。こうした情報をチェックするだけでも、把握できる場合もあります。

見積もりも取ることで、配布するノベルティをイメージしやすいことも考えられます。

ノベルティをどこで作る?

企業が自社で取り扱っている商品を世に広めるため、それらの名前を入れて無料で配布するアイテムをノベルティと呼びます。その種類は、ボールペン、ティッシュ、タオル、キーホルダー、マグカップ、付箋など多岐にわたります。

ノベルティの候補になる物は数多くありますが、実際に制作する際にはノベルティを制作している業者に依頼するのが一般的です。ただ、いざ作ろうとなったとき、インターネット上で検索しただけでも、多くのノベルティ制作会社があることが分かります。そのため、どこに依頼すればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

どこに依頼するのかを決めるにあたって回避したいことが、値段だけ見てお願いする制作業者を決めてしまうことです。たしかに値段は安いに越したことはありませんが、肝心のノベルティに問題が生じてしまうことがあります。具体的には、ノベルティの仕上がりがイメージと違っていた、コストを抑えたことは良かったものの安っぽい仕上がりになってしまった、不良品の数が多かったなどの問題が生じる可能性もあります。ですから、値段の安さだけを見て業者を依頼することは、避けるべきなのです。せっかくノベルティを作成するのであれば、後悔のないようにしたいものです。

当サイトでは、ノベルティ制作業者選びのポイントを解説しています。どういうところに注目して制作業者を決めればいいのか知りたい方は、ぜひ別のページの内容もチェックしてみてください。